「歯科医院で全身を診る取り組み」を当院中山・原野・石川が紹介しました

2019年6月30日、メガジェンジャパン主催の歯科関係者向けセミナー「歯科で全身を診る!他職種連携で可能にする口から始まる健康サポート」が開催され、当院中山・原野・石川が取り組みを紹介しました。

実は当院、普段待合スペースのレイアウトを変更することで、セミナーが開催できるスペースに早変わりします。また、診療スペースの一番奥には、インプラントオペを中心とする手術室を備えていますが、この手術室も歯科医師の方々に向けた公開手術セミナーが開催できる構造となっており、診療がお休みの日には歯科関係の方々が集まって学ぶスペースとしても活躍しています。

定員一杯、満席御礼のうちに始まったこのセミナーは、冒頭のとおり、従来の歯科医院の概念を超え、歯科医師・歯科衛生士・管理栄養士が連携することで、患者さまの全身の健康を歯科医院で働く全員でサポートする取り組みをご紹介しました。事実、お口のトラブルは、それがきっかけとなって、全身の健康を脅かす結果にも繋がりかねません。言い換えれば、なんでも美味しく食べることができるお口の健康がなければ、それは食習慣や栄養バランスが乱れる結果を引き起こし、生活習慣病をはじめとする全身のリスクを高めてしまいます。

歯科医院という医療機関は、従来お口の健康だけをサポートする医療機関として認識されてきました。しかし当院は以前より、定期的にお口のクリーニングのために通院くださる歯科医院こそ、患者さま一人ひとりの全身の健康をサポートすべき医療機関だと考えてきました。歯科医院では滅多に目にすることのない「高精度体成分分析装置」の導入や、歯科衛生士の食育インストラクター資格の取得、管理栄養士による食事・栄養指導プログラムの導入は、すべてこの考え方に基づく取り組みです。

このような私たちの想い、そしてメンバー各々の具体的な取り組みをご紹介した今回のセミナー。ご参加いただいた皆さまは熱心に聞き入ってくださり、そしてたくさんのご質問もいただき、私たちがこれまで大切にしてきた取り組みは決して間違ってなかったと再認識する機会にもなりました。

私たちはこれからも、一人ひとりが連携し、そして各自の専門性を存分に発揮しながら、患者さま一人ひとりの全身の健康サポートに率先して取り組んでまいります。

[ 監修者情報 ] 中山 隆司 (なかやま たかし) / なかやま歯科 院長

[ 監修者情報 ] 
中山 隆司 (なかやま たかし) / なかやま歯科 院長

  • 1990年 大阪外国語大学〔現大阪大学〕入学
  • 1997年3月 福岡県立九州歯科大学 卒業
  • 1997年~2001年 医療法人ミナミ歯科クリニック勤務
  • 2001年 日本顎咬合学会学術大会 優秀発表賞 受賞
  • 2002年1月 なかやま歯科 開業
  • 2006年 日本顎咬合学会学術大会 優秀新人賞 受賞
  • 2006年7月 医療法人社団 恵翔会 なかやま歯科 設立
  • 国際口腔インプラント学会ISOI認定医
  • 日本顎咬合学会理事・咬み合わせ認定医