ハワイ大学の解剖実習において当院院長中山が講師補佐を務めました

2019年6月8日~9日、アメリカハワイ州のハワイ大学にて開催されたJAID・即時荷重研究会・MINEC主催「ハワイ大学解剖学実習コース」において、当院院長が講師補佐を務めました。2泊4日のスケジュールで訪れたハワイでは、現地滞在が許される2日間を目一杯使い、よりよいインプラント治療に必要となる解剖学を中心に、多岐に亘る知識の習得および4Sトリートメントのレクチャーに励みました。

実習は、ハワイ大学の教授による上あごの解剖学からスタートしました。解剖学とは、人体の形態や構造を理解する学問であり、インプラント治療のトラブルを防ぐためには、解剖学の知識は不可欠です。解剖学実習自体は学生時代にも参加しているものの、今だからこそ振り返りたい内容や、もっと深く知りたい内容はかねてより数多く蓄積していました。なかなか学びたくても学ぶことができない分野をハワイの地で徹底して学ぶことができたことに加え、私たちが取り組む4Sをレクチャーさせていただくこともでき、実に充実した2日間となりました。

天候にも恵まれた2日間。往路では、ワイキキビーチも少しは満喫したいと思っていたものの、そんなことは忘れるほど、貴重かつ多くの学びに触れることができた今回の解剖実習。帰路の飛行機も、そんな2日間を振り返る、観光帰りとは大きく異なるひと時となりました。学ぶ姿勢をいつまでも忘れず、よりよい治療を追究する。このスタンスはいつまで経っても変わることはありません。

[ 監修者情報 ] 中山 隆司 (なかやま たかし) / なかやま歯科 院長

[ 監修者情報 ] 
中山 隆司 (なかやま たかし) / なかやま歯科 院長

  • 1990年 大阪外国語大学〔現大阪大学〕入学
  • 1997年3月 福岡県立九州歯科大学 卒業
  • 1997年~2001年 医療法人ミナミ歯科クリニック勤務
  • 2001年 日本顎咬合学会学術大会 優秀発表賞 受賞
  • 2002年1月 なかやま歯科 開業
  • 2006年 日本顎咬合学会学術大会 優秀新人賞 受賞
  • 2006年7月 医療法人社団 恵翔会 なかやま歯科 設立
  • 国際口腔インプラント学会ISOI認定医
  • 日本顎咬合学会理事・咬み合わせ認定医