痛みを抑えた治療|大阪(堀江・四ツ橋)のなかやま歯科

TEL.06-6534-8214

10:00~13:30/15:00~19:30
(土曜午後 14:30~16:30)

痛みを抑えた治療

  • TOP
  • 痛みを抑えた治療

痛みや苦手を低減する治療

一人ひとりに応じた、
痛みや苦手を抑える治療

痛みや苦手を低減する治療

「これまでされて嫌だったこと」を教えてください

子供から大人まで多くの方が「歯科治療は痛い」「歯医者が怖い」といった印象をお持ちかと思います。それは、これまでの歯科治療で経験された「怖い思い」や「痛い思い」が記憶のどこかにあるからではないでしょうか。当院では、最初に「これまで歯医者でされて嫌だったこと」をお伺いし、患者さまと一緒に治療方針を考えることからスタートします。

患者さまと一緒に「よりやさしい治療」を目指します

患者さまと一緒に「よりやさしい治療」を目指します

私たちは、初診時にお伺いした内容をもとに、患者さまの想いを出来る限り尊重しながら治療を進めることを大切にしています。患者さまがこれまで歯医者で経験された「嫌だったこと」「怖かったこと」、そして「これからの治療で気になっていること」は、どんな些細なことでもいいので遠慮なくカウンセリングの際にお伝えください。二度と同じような体験をすることがないよう、患者さま一人ひとりに応じた、快適でよりやさしい治療をスタッフ一丸となってご提供します。

「痛みを抑えた治療」のための
2つの取り組み

1.適切な麻酔処置

注射の痛みを和らげる「表面麻酔」

注射の痛みを和らげる「表面麻酔」

カウンセリングで「されて嫌だったこと」をお伺いすると、「麻酔注射時の痛み」とおっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。当院では、麻酔注射を行う前に「表面麻酔」を行います。
これは、綿にしみ込ませた麻酔クリームをしばらく歯ぐきに塗るだけの処置で、歯ぐきの表面に麻酔をかけ、注射時の痛みをほとんど感じなくするものです。

「電動麻酔器」で痛みの低減に努めています

「電動麻酔器」で痛みの低減に努めています

表面麻酔の効き具合を十分に確かめ、注射を行っても痛みをほぼ感じないと判断した時点で麻酔注射を行います。表面麻酔の効果によって麻酔注射の痛みを抑えることができますが、当院ではよりやさしい麻酔のために「電動麻酔器」を採用しています。電動麻酔器は、麻酔液を注入するスピードをコントロールすることで、従来の麻酔注射の「痛みにつながる動作」を低減することができます。麻酔注射が終わったことに気づかれない患者さまもいらっしゃるほどです。実は、治療前に行う麻酔は、時間をかければ痛みを感じることはほとんどありません。しかし時間をかけると、今度は患者さまのお口の周りが疲れてしまい、痛みとは違う負担がかかってしまいます。痛みを抑えつつ、お口の疲れが出ないよう、出来る限りスピーディーに麻酔をかける、それが患者さま目線に立った、より良い麻酔のあり方だと私たちは考えています。

※麻酔や注射に不安をお持ちの患者さまは、カウンセリングの際にお気軽にお申し付けください。時間をかけて、できる限りの配慮をいたします。

2.次に行う処置をお伝えし、丁寧に処置を行います。

治療中、次に行う処置の内容を逐次お伝えすると、患者さまの「これから何をされるのかわからない」という不安を取り除くことができます。また、麻酔によって歯や歯ぐきの痛みをほとんど感じることがない反面、お口の引っ張り方などの不備のほうが気になるケースもあります。お口の引っ張り方を含め、あらゆる痛みを感じさせないためには、時間をかけて丁寧に処置することが何よりも大切です。私たちは常に患者さまの目線を考えながら、優しく丁寧な治療を行うことに努めています。

先延ばしにしていた治療のスタート、お手伝いします

こんな症状放置していませんか?

  • 歯が痛い
  • 詰め物・被せ物がとれた
  • 歯茎が腫れた
  • 冷たいもので歯がしみる

歯に痛みを感じたり詰め物が外れたりしたものの、「歯医者に行く時間がないから」「歯医者が苦手だから」といった理由で治療を先のばしにしている方もいらっしゃるのではないでしょうか? しかし、症状が進行すればするほど患者さまの負担は大きくなってしまいます。
なかやま歯科では、わかりやすく丁寧な説明、そして痛みを抑えた治療をご提供することを大切にしています。たった1本の虫歯や軽度の歯周病でも、放置すれば歯を失う原因となりかねません。早期発見、早期治療は、生涯を通じての健康に過ごすための第一歩です。当院では患者さまのご意向を最優先に、保険治療と自費治療をお選びいただけます。いずれの治療の場合も、患者さまに合った治療方法を考えご提案いたします。先延ばしにしていた治療を一緒に始めていきませんか?