医療設備・機材へのこだわり|大阪(堀江・四ツ橋)のなかやま歯科

TEL.06-6534-8214

10:00~13:30/15:00~19:30
(土曜午後 14:30~16:30)

医療設備・機材への
こだわり

  • TOP
  • 医療設備・機材へのこだわり

当院の設備や機材を、治療内容で分けて紹介しています。

矯正治療で使用する機器

デジタル口腔内スキャナ(iTero)

矯正治療で使用する機器

歯型の採取において、これまでのガムのような「印象材」を使うのではなく、光を当てることで歯並びをスキャンし、3次元データを取得できる口腔内スキャナ、それがアイテロです。アイテロの導入により、目立ちにくい透明マウスピースを用いる矯正治療「インビザライン」の治療シミュレーションをその場で作成できるほか、透明マウスピースを作製する米国アライン社と歯並びの3次元データを即座に共有できることから、アイテロを導入していない歯科医院と比較し、より迅速にインビザライン治療を開始することが可能となります。現在では主に矯正治療で活用していますが、矯正治療に限らず、歯ぐきの腫れの経過や噛み合わせの推移を3次元データで蓄積し、治療による変化を確認するなどの目的で活用することも可能です。

セファロレントゲン

セファロレントゲン

例えば矯正治療で出っ歯を治療する場合、「骨が正常で、歯が前に出ているケース」や「歯が正常で、骨が前に出ているケース」など、その原因は患者さまに一人ひとりで異なります。それゆえ矯正治療は、まずは「何が問題なのか」を診断することから始まります。この診断を行うために、骨格の状態を撮影するレントゲンがセファロレントゲンであり、矯正治療には必須の設備です。また、全顎(すべての歯)にわたるインプラント治療などを行う場合も、セファロレントゲンによる検査結果を加味した治療計画の作成が不可欠です。このように矯正治療以外の比較的大きな治療ケースにおいてもセファロレントゲンは活躍しています。

インプラント治療で使用する機器

  • ・MEGA ISQ(インプラントの安定性を数値化)
  • ・デジタルトルクレンチ(インプラントを埋め込む力加減を数値化)
  • ・ペリオテスト(インプラントの緩みを確認)
  • ・コンピュータガイデッドサ―ジェリー
    (コンピュータ上でシミュレーション)
  • ・遠心分離機(再生治療に使用)
  • ・ピエゾ・サ―ジェリー(超音波振動で骨切削)

当院がインプラント治療で使用しているこだわりの機器です。

歯の根っこの治療で使用する機器

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)

歯科用顕微鏡

治療部位を大きく拡大することができる歯科用顕微鏡です。歯の神経が通っている根っこの治療の際、患部を拡大し確認することで、丁寧かつ精密な施術を行うことができます。

むし歯治療で使用する機器

電動麻酔器

電動麻酔器

麻酔注射の痛みを抑えるためには、「スピードへの配慮」、「圧力への配慮」、「温度への配慮」が不可欠であり、急いで麻酔を打ったり、冬場に麻酔液が冷たいまま注射をすれば、それは患者さまの痛みに繋がってしまいます。当院では、注射針が刺さる痛みをほとんど感じなくする表面麻酔に加え、これら3つの配慮に絶妙のコントロールで応えてくれる「電動麻酔器」を導入・活用することで、痛みに配慮した治療の実現に努めています。

ダイアグノデント

ダイアグノデント

むし歯を探す方法は、「お口を目視して探す」方法と「レントゲンを見て探す」方法、そして「触って探す」方法の3つが主流になっています。当院ではこれらに加え、患者さまの歯にレーザー光を当ててむし歯を探すことができる「ダイアグノデント」という機械を用い、肉眼では見つけることが難しいむし歯の発見にも取り組んでいます。このダイアグノデントは当院歯科衛生士も活用しており、定期検診時におけるむし歯の早期発見にも貢献し、早い段階でのむし歯治療をご案内することを可能としています。

サージテル(拡大鏡)

拡大鏡

被せものや詰めものをする際のごく小さな段差や、極めて小さなむし歯などは、肉眼で確認できないケースも多々あります。このようなシーンで活躍するのが、患部を拡大して確認することができるサージテル(拡大鏡)です。当院では、ドクター全員が患部を8倍または10倍に拡大できるサージテル(拡大鏡)を活用し、肉眼では確認することが難しい細部にまでこだわった、丁寧で美しい歯科治療を提供しています

歯のクリーニングで使用する機器

ハンディジェット

歯のクリーニングで使用する機器

歯に付着した着色汚れを落とす際には、高速回転するブラシや毎秒数千回の振動によって汚れを落とすエアスケーラーといった機器を使用することが一般的ですが、ブラシの柔らかさゆえに取り切れなかったり、歯の隙間部分ではブラシが入らないケースも見られます。またエアスケーラーでは、どうしても歯の表面に微細な傷がついてしまいます。ハンディジェットは、極めて小さい粒と水を高速で歯に吹き付けることで、ブラシやエアスケーラーでは取り除くことが難しい着色汚れなどを除去することが可能です。また、吹き付ける小さい粒を使い分けることで、着色汚れのほか、プラークやバイオフィルムも除去することが可能です。(吹き付ける粒子である「グリシン」は、食品にも広く使われるアミノ酸の一種です。人体に害はありません。)

mil-kin(見る菌)

mil-kin(見る菌)

お口の中には、目に見えない細菌がたくさん生息していますが、これらの細菌を見るだけでなく、患者さまのスマートフォンでその動きを撮影できる装置がmil-kin(見る菌)です。患者さまのお口から採取したプラーク(歯垢)と少しの水をプレパラートの上に乗せ、スマートフォンと一緒に装置にセットするだけで、動き回る口内細菌をしっかりとご覧いただくことも、動画として録画していただくことも可能です。当院待合の大型モニターで流れる動画では、実際に口内細菌を撮影した動画をご覧いただくことができます。ご来院の際には、院内動画も是非ご覧ください。

その他

口腔外バキューム

口腔外バキューム

一時的に見た目や噛み合わせを回復する仮歯、または入れ歯などの調整を行う時には、診療チェアの横で削る作業が発生します。この際、削りカスが発生することは避けて通ることができず、何も対策を行わなければ、ごく微細な削りカスは空気に乗って流れてしまいます。当院では、これら削り作業を行う際、削りカスを吸い込むことで飛散を防ぐ「口腔外バキューム」を導入し、院内の空気を汚すことなく仮歯や入れ歯の調整ができる環境を整えています。可動式である口腔外バキュームなので、どの診療チェアにも簡単に移動させることが可能です。