医療費控除について|大阪(堀江・四ツ橋)のなかやま歯科

TEL.06-6534-8214

10:00~13:30/15:00~19:30
(土曜午後 14:30~16:30)

医療費控除について

医療費控除とは、1年間(1月1日から12月31日まで)に支払った医療費の金額が10万円を超えた場合、確定申告をすれば、所得税の還付として一部が戻ってくる制度です。還付金額は、所得額、家族構成、医療費の金額などにより異なります。また、申請し忘れてしまった場合でも、5年前までさかのぼって申請することができます。

医療費控除の対象

納税者本人の医療費、配偶者、その他の親族のために支払った1年間の医療費が対象となります。

対象金額

医療費控除で控除される金額の上限は、最高200万円です。
<計算方法>
実際に支払った医療費の合計額ー保険金などで補填された金額ー10万円
※その年の総所得金額等が200万円未満の人は、所得金額等の5%の金額

対象金額対象金額

対象となる歯科治療

  • ・金やポーセレンを使用した歯の治療
  • ・不正咬合を治す目的の歯列矯正
    (美容目的のものは対象外)
  • ・治療のための通院費
    (交通機関を利用した場合) など

※お子様の通院に付き添いが必要な場合の交通費も含む

医療費控除の手続き

医療費控除の手続き

医療費控除に関する内容を記入した確定申告書を所轄税務署に提出、もしくは電子申告(e-tax)にて申告します。医療通知がある場合には、医療費通知を添付することによって、医療費控除の明細書の記載を省略することができます。平成29年分の確定申告から、領収書の提出の代わりに「医療費控除の明細書」の添付が必要となりました。

※税務署から求められた場合には、領収書を提出する必要があるため、領収書は5年間保存しておく必要があります。