コロナ対策について

TEL.06-6534-8214

10:00~13:30/15:00~19:00
(土曜午後 14:30~16:30)

コロナ対策について

  • TOP
  • コロナ対策について

新型
コロナウィルスの
感染対策を強化しています

当院では、患者さまに
安心して歯科治療を受けていただくために
新型コロナウィルスの感染対策を行っております。

当院の新型コロナウイルスに
おける基本対策

感染リスクを減らす
診療時間の短縮

スタッフの感染リスクを減らすために診療時間を短縮しております。

診療時間変更

タップで展開します

ウイルス除菌効果がある
デントジアの稼動

次亜塩素酸水対応超音波噴霧器を稼動させています。

デントジア

浮遊ウイルスの抑制効果

浮遊ウイルスの抑制効果グラフ

効能

  • ドアノブなどに付着したウイルスの抑制
  • 次亜塩素酸の力で空間除菌
  • 細菌だけではなく、ウイルスも除菌

これを45分使用すると、空間に浮遊しているウイルスが99%以上減少すると報告されています。

タップで展開します

院内を「常時換気

当院は室内の換気を常時(定期ではなく、常に。)行っています。ご覧のようにほぼ全てのチェアーを全面的に換気する環境を整えております。

院内を常時換気

このように当院は上に換気用の窓が設備されているので、常に窓を開けた状態で密閉空間を避けて診療を行っております。

タップで展開します

ウイルス除菌効果のある
抗菌テープ

ドアノブや取っ手などに抗菌テープを貼り付け、消毒液で除菌を行っています。全てのチェアー、レントゲン機器使用後は、患者さま毎に強力な次亜塩素酸水、80%エタノールを噴射・消毒しております!

ウイルス除菌効果のある抗菌テープ

タップで展開します

医療用空気清浄機」の稼動

また当院の誇れる院内設備として、室内空間を外気からの吸気システム、と室内からの排気システムを完備しております。室内空気循環を考えた位置の天井面に吸気口、排気口を整備しております。+の口が吸気、-の口が排気です。大型公共施設の基準を満たしております。

医療用空気清浄機(吸気) 医療用空気清浄機(排気)

タップで展開します

治療器具の「滅菌の徹底

世界最高水準(ヨーロッパ規格EN13060のクラスB滅菌器)の衛生環境を整備、患者さまごとに器具を交換しています。

治療器具の滅菌

タップで展開します

エアロゾル飛散防止」対策

口腔内の「カニューレチップ」と「口腔外バキューム」を使用し、エアロゾル飛散防止対策を行っています。リステリンはコロナウィルスの活動を抑制する効果があることが実証されています。治療前に必ず全員の患者さまに洗口をお願いしています。
歯の切削には、風を出さずに削ることができる「5倍速コントラ」を12本完備し、歯石除去には超音波による飛散が生じないハンドスケーラーを使用することで'エアロゾル飛散'を大幅に抑制しています。

リステリン 口腔外バキューム

超音波などでエアロゾルが飛散するのを防ぐための「口腔外バキューム」

カニューレチップ

エアロゾル飛散防止効果が高い「カニューレチップ」の使用

エアータービン

「エアータービン」

5倍速コントラ

「5倍速コントラ」

タップで展開します

マスク・グローブ・ゴーグルの使用
グローブは患者さまごとに交換

衛生面の充実、スタッフの健康、安全の確保のためにゴーグル、マスク、フェイスシールド、グローブの着用をしております。表情が見えず、心苦しい限りですが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

マスク・グローブ・ゴーグル

タップで展開します

スタッフの
頻繁な手洗いと手指消毒

コロナ対策において必須である手洗いと手指消毒を徹底しています。

手洗いと手指消毒

タップで展開します

患者さまへのお願い

感染疑いがないか
問診票ご記入のお願い

来院された患者さま全員に、
感染の疑いがないか問診票のご記入をご協力いただいております。

問診票

タップで展開します

体温測定」に
ご協力頂いています。

患者さまへ受付で検温をご協力いただいています。37.5℃以上の方は治療を延期させていただくこと、ご了承願います。

体温測定

タップで展開します

手指消毒」に
ご協力頂いています。

80%エタノールにて、全ての患者さまにクリニックに入室されるときの手指消毒をお願いしております!

ハンドミスト

タップで展開します

発熱やのどの痛み、せき、息切れ、
強いだるさ(倦怠感) などの症状がある方は、
受付にその旨お申し出ください。

当院院長の兄 中山浩之先生による患者さま向け動画です。
新型コロナ対策、私達歯科医院の取り組みをご紹介します。

次の症状がある方は
「帰国者・接触者相談センター」に
ご相談ください。

  • 風邪の症状や 37.5℃以上の発熱が 4 日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある※高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が 2 日程度続く場合

「帰国者・接触者相談センター」はすべての都道府県で設置しています。詳しくは以下のURLまたはQRコードからご覧いただけます。

帰国者・接触者相談センターQRコード
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

一般的なお問い合わせなどはこちら

その他、ご自身の症状に不安がある場合など、一般的なお問い合わせについては、次の窓口にご相談ください。

厚生労働省相談窓口

TEL:0120-565653(フリーダイヤル)
受付時間 9:00~21:00(土日・祝日も実施)
聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方
FAX:03-3595-2756