虫歯治療|大阪(堀江・四ツ橋)のなかやま歯科

TEL.06-6534-8214

10:00~13:30/15:00~19:30
(土曜午後 14:30~16:30)

虫歯治療

  • TOP
  • 虫歯治療

生涯を見据え、細部までこだわるむし歯治療

生涯を見据え細部までこだわるむし歯治療

むし歯治療、きっと皆さん重たい気持ちで来院されることと思います。「痛いのかな」「神経を取るのかな、なるべく歯を残したいな・・・」「キレイに確実に治療して欲しいな」など、
様々な不安な思いがあるかと思います。私たちが、同じように治療を受ける側の立場になったとしても、同じ気持ちになるものです。気持ちが分かるからこそ、患者さまの目線に立って、自分ならこうして欲しいと思うような医療を提供したいと考えています。「今」だけの安心ではなく、生涯安心して健康に過ごしていただるよう、細部までこだわったむし歯治療です。

むし歯治療で大切にしていること

出来る限り神経を残す

注射の痛みを和らげる「表面麻酔」

歯は、神経のお部屋ギリギリまで削ると、神経を守るために歯の再生をはじめることをご存じですか?この特性を利用することで、出来る限り神経を残す治療を行っています。神経を残して治療すると、将来歯が割れてしまうリスクなどを軽減できます。例えば写真の歯、大きく広がったむし歯を神経ギリギリまで削っていますが、もう少しだけむし歯が残っています。本来であれば、むし歯の取り残しは再発に繋がるため、細部まで取り除く必要があります。しかし、これ以上削ると神経を取る必要があり、この歯はもろくなってしまいます。そのため、この患者さまには実際の患部をご覧いただきながら丁寧に説明し、先ほどの治療をご提案しました。患者さまのご意向を尊重することはもちろん、生涯を見据えた治療を行っています。

むし歯を取り残さず、削りすぎない

むし歯を取り残さず、削りすぎない

むし歯治療において、「むし歯を取り残さず、削り過ぎない」ことは大切なことの一つです。
上でご紹介した大きなむし歯の例はもちろん、当院ではすべてのむし歯治療において、むし歯部分にだけ反応する「カリエスチェック」という検知液を使い、患部を「見える化」することによってむし歯の取り残しを防いでいます。これは、むし歯の取り残しを防ぐだけでなく、着色部分だけを削ることで、必要以上に歯を削ることを避けられるため、出来る限りご自身の歯を残すことにも繋がります。必要に応じ拡大鏡も併用しながら、「見える化」した患部を細部まで丁寧に取り除く。これもなかやま歯科のむし歯治療の特徴です。

細部まで美しく、
見た目と清掃のしやすさにこだわる

細部まで美しく、見た目と清掃のしやすさにこだわる

たとえ手間がかかったとしても美しく治療する。それは、むし歯治療においても重要な要素です。例えば、歯ぐきに近い場所にむし歯ができた場合、当院ではそのまま治療するのでなはなく、歯と歯ぐきの際(きわ)に特殊な細い糸を巻き、少しだけ歯ぐきを逃がす処置(糸を巻くだけなので痛みはありません)を行ったうえで、治療や詰め物、仕上げの磨きを行います。
このようなこだわりは、肉眼では分かりづらいですが、拡大鏡やマイクロスコープで患部を確認すると、この治療の差は明らかです。修復箇所をより美しく仕上げることができるだけでなく、細かな段差(食べカスや歯垢などがひっかかる場所)も出来る限り低減する治療に繋がるため、虫歯を予防する観点からもメリットが期待できます。

※上記写真は自費治療における際(きわ)への糸巻きですが、当院では保険治療でも、必要に応じこのような処置を行ったうえで治療を行います。爪の甘皮のようになっていた歯ぐきの際が、より鮮明に確認できるようになります。

神経を取ったあとも、
レントゲンで治療内容を
しっかり確認

神経を取ったあとも、レントゲンで治療内容をしっかり確認

むし歯が神経にまで達すると、神経を取らざるを得ないケースがほとんどです。このような神経を取る治療(歯の根っこの治療)を行う際には、これまでご紹介した「むし歯を取り残さないこと」に加え、「神経がはいっていたお部屋の奥深く、そして隅々まで、しっかりとお薬を入れてフタをする」ことが大切です。当院では、歯の根っこの治療を行った際には、治療後にしっかりと薬が神経のお部屋の先端、そして隅々まで行き渡っているか、レントゲンを使って詳細に確認します。治療の内容を患者さまと一緒にしっかりと確認し、今のお悩みを解決するだけでなく、再治療のリスクを出来る限り減らす。これも、健康なお口を生涯にわたり維持していただくための大切な取り組みです。

治療よりも大切なこと、
それが予防とクリーニング

治療よりも大切なことそれが予防とクリーニング

ある患者さまは、大きく削ったご自身の歯をご覧になって、「ちゃんと定期健診を受けておけばよかった」とおっしゃっていました。歯の治療をされると、予防やクリーニングの重要性に気づいてくださる患者さまがたくさんいらっしゃいます。逆に言えば、痛みなどの自覚症状が長らくない状態では、定期的な予防やクリーニングの大切さに気付くことは簡単ではありません。実は最初の写真の患者さまも、痛みなどの自覚症状がなく、他の歯の治療でご来院された時にこのむし歯が見つかりました。ご自身の天然の歯を削ってしまうと、どうしてもその歯は弱くなってしまいます。これは、今は問題なくても、将来歯を失う原因になってしまう可能性があります。しかし、しっかりと予防とクリーニングを行えば、虫歯リスクの低減、すなわち歯を削らなければならない可能性も少なくすることができます。これは、いつまでもご自身の歯を残すための第一歩に他なりません。患者さまに後悔してほしくない。いつまでもお口と全身の健康を維持してほしい。だからこそ当院では、予防とクリーニングを積極的にご案内しています。