当院院長中山が林揚春先生とともに「インプラントライブオペセミナー」の講師を務めました

2017年4月1日~2日の2日間、大阪市で開催されたメガジェンジャパン主催「インプラントライブオペセミナー」において、当院院長の中山が、低侵襲なインプラント治療の第一人者であり、中山自身の師でもある林揚春先生とともに、全国から参加された歯科医師の先生方に向けた講義・レクチャーを行いました。

インプラントレクチャー

1日目は、大阪市中央区のメガジェンジャパンセミナールームにおいて、より低侵襲なインプラント治療を叶える「4S(シンプル、スモール、ショート、セーフティー、)トリートメント」の考え方に基づく講義、これまでの臨床ケースの解説、擬似模型を用いた実習などのレクチャーを行いました。

同日の夜には懇親会も行われ、終始いかに低侵襲で最大の効果を得るかについての白熱した会話が交わされる、たいへん有意義な1日となりました。

インプラントライブオペ

翌日2日目は、大阪市西区のなかやま歯科(当院)において、本セミナーの趣旨にご賛同いただいた患者さまのご協力のもと、林先生・当院院長中山によるライブオペ(参加された歯科医師の先生方の前で行う実際のインプラント手術)が行われました。このライブオペでは、林先生が下顎、院長中山が上顎のインプラント手術を担当し、治療直前まで噛むことができなかった患者さまを、その日のうちに噛める状態に治療する一連を歯科医師の先生方に見て学んでいただきました。

現代では、例えば内科の治療であれば、内視鏡や腹腔鏡を用いる低侵襲な治療が普及しています。これと同様にインプラント治療においても、低侵襲な治療によって患者さまのQOL(クオリティ・オブ・ライフ)をできる限り下げることなく、早く噛め、予後の良い治療、すなわち私たちが取り組む「4Sトリートメント」の考え方に基づくインプラント治療が今後のスタンダードになるものと確信しています。

嘘偽りのないライブオペを通して、低侵襲なインプラント治療の知識や技術を歯科業界により広げていきたい。その想いを胸に、なかやま歯科ではこれからも歯科医師の先生方に向けたライブオペやセミナーに積極的に取り組み、患者さま目線のインプラント治療の追求と波及に努めてまいります。

インプラントオペ終了後