よりよい治療に寄与する医療機器

適切なインプラント埋入をサポートする「コンピュータガイデッドサージェリー」

大阪市心斎橋・四ツ橋の歯科医「なかやま歯科」では、歯科用CTデータと口腔スキャン画像をコンピュータ上で組み合わせて詳細なインプラントオペのシミュレーションを行うとともに、3Dプリンタで作成したガイドによってシミュレーション結果に忠実なインプラント埋入を実現する「コンピュータガイデッドサージェリー」を導入しています。

コンピュータガイデッドサージェリーは、適切なインプラント埋入をサポートするのみならず、従来のように歯茎を開く必要がないため、オペ時間・治療期間の短縮や、患者さまの痛みの低減が可能となります。

  • 歯科用CT画像と口腔内スキャン歯科用CT画像と口腔内スキャン
  • 複数の切り口から、インプラント1本 1本の埋入をシミュレーション複数の切り口から、インプラント1本
    1本の埋入をシミュレーション
  • シミュレーション結果をもとに3D<br>プリンタで作成されたガイド装置シミュレーション結果をもとに3D
    プリンタで作成されたガイド装置
  • 術前のシミュレーション画像と術後のCT画像の比較術前のシミュレーション画像と術後
    のCT画像の比較

適切な初期固定を可視化する「デジタルトルクレンチ」・「MEGA ISQ」

インプラント治療においては、初期固定(インプラントの固定度合)が一定以上の場合、手術当日に仮歯を入れて噛むこと(即時荷重)も可能です。

当院では、埋入時のトルクを常時把握できる「デジタルトルクレンチ」と、磁気で初期固定度を測定できる「MEGA ISQ」を導入し、客観的な数値データに基づく治療とともに、適切な初期固定度測定に基づく即時荷重の可否判断を行っています。

  • デジタルトルクレンチで埋入トルクを正確に常時把握デジタルトルクレンチで埋入トルク
    を常時把握
  • MEGA ISQを用い、インプラント初期固定度を測定MEGA ISQを用い、インプラント初
    期固定度を測定

再生治療法「CGF」により、患者さまの治療負担を軽減

患者さまの血液を遠心分離器にかけてできた高濃度血小板成長因子を抜歯後の治癒促進やインプラント治療、歯周病治療に応用しています。この高濃度血小板成長因子を用いた治療が、「CGF(Concentrated Growth Factor)」と呼ばれる再生治療法です。

CGFを用いた再生治療法は、患者さま自身の血小板に含まれる創傷治癒機能や白血球の免疫能を利用できるため、治癒期間の短縮化が期待できます。

  • 遠心分離器遠心分離器
  • 遠心分離された血液遠心分離された血液
  • 取り出された 高濃度血小板成長因子取り出された
    高濃度血小板成長因子
  • 外側に骨の裂開を認めます外側に骨の裂開を認めます
  • CGFを応用して 骨の再生を促しますCGFを応用して
    骨の再生を促します

超音波振動で骨を切削する「ピエゾ・サージェリー」

サイナスリフトやソケットリフトなどの骨を増やす必要のあるインプラントのオペにおいては、軟組織を傷つけることなく、超音波振動で骨や歯だけを切削できる「ピエゾ・サージェリー」を用いる治療も行っています。

  • 最新のピエゾ・サージェリー機器ピエゾ・サージェリー機器
  • 海外にてピエゾ・サージェリーでは世界的に功名であられるSohn教授のアドバンス講習を修了。Sohn教授
  • 最新のピエゾ・サージェリー機器は当院にも導入済み。より安全かつ患者さまを痛ませないオペを行います。