マウスピース矯正(インビザライン)

マウスピース矯正インビザライン費用

当院では治療に際して下記の料金を申し受けることになっております。
よくお読みになり、ご不明点についてはお問い合わせください。

矯正相談料 0円
検査・診断料 50,000円
レントゲン写真、口の中の模型、顔や口の中の写真を撮ります。
検査をもとに治療計画(治療期間、使用する装置、費用等)を決定し、ご説明します。
マウスピース矯正インビザライン治療費(矯正料金)
軽度の部分矯正1 (前歯のみ審美的な改善)  400,000円
軽度の部分矯正2 (1より不正が強い場合)  700,000円
上下顎の全顎矯正 (インビザライン独立) 900,000円
保定装置料 上下各15,000円
治療終了後、歯並びを安定させるための装置です。
保定期間中のメンテナンス料(1年間) 0円
※矯正期間中に生じた虫歯などに対する治療費は上記に含まれていません。

当料金表の価格は全て税抜き価格です。精算時に別途消費税相当額を申し受けます。

矯正治療の注意点

虫歯

虫歯

矯正装置が複雑な形をしていること、歯の表面にワイヤーが通っているため、食べ物が挟まりやすく、歯磨きが難しくなることから虫歯になりやすい環境になります。そのため、歯磨き指導や場合によってはフッ素を利用して予防します。

歯肉炎および歯周炎

磨き残しがあると、歯肉炎あるいは歯周炎になるため歯茎が下がりやすくなります。そのため、矯正治療中におけるブラッシングは徹底して行う必要があります。

歯根吸収

歯に矯正力を加えると、歯根の周りに骨改造現象が起きて歯が動くのですが、歯根吸収を起こす可能性もあります。

歯肉退縮・歯間乳頭の喪失

歯肉退縮・歯間乳頭の喪失

不正咬合や歯周組織の状態、便宜抜歯により、適正な矯正力を用いても歯茎が下がることはあります。

顎関節症

矯正治療中や矯正治療後に、顎が痛い、口を開ける時に音がなる、口が開きにくいなどの顎関節症状がでることがあります。通常、安静にしていれば症状は緩和されます。しかし、痛みが出たり、口が開きにくい状態になるようであれば、矯正力を弱めるなどの処置を行いますが、顎関節症状が完全になくなることはありません。

歯が動かない可能性

骨と歯が癒着している場合は、歯が動いてこない可能性があります。これは矯正治療を開始してみないとわかりません。

ワイヤー矯正に切り替える可能性

ワイヤー矯正に切り替える可能性

マウスピース矯正をする場合、動きにくいところはワイヤー矯正に切り替える可能性があります。

期間

マウスピース矯正をする場合、ある程度初めに矯正期間をお伝えいたしますが、途中で予想通りに歯が動いてこないことがあります。その時は追加で再度マウスピースを作り直すことがあります。

矯正治療後の保定について

  • 矯正治療後は、最低約2年間ほど観察が必要
  • 目的は、後戻りが起こっていないか?をチェックするためです。

矯正治療で歯を動かした後は、歯が不安定な状態で歯が元の位置に戻ろうとします。これを後戻りといいます。後戻りは矯正装置除去後すぐに起こり、約2年間(場合によってはそれ以上も)程度続きます。
後戻りの量は個人差がありますが、矯正治療を受けられた方全員に起こります。これを防ぐために、リテーナー(保定装置)を使用します。

  • ①固定式リテーナー

    ①固定式リテーナー

  • ②リテーナー

    ②リテーナー

何かご質問などあれば何でも聞いてください!