痛みを抑えた治療で歯科治療への苦手意識を克服しましょう

「これまでされて嫌だったこと」を教えてください

「これまでされて嫌だったこと」を教えてください

「歯科治療は痛い」「歯医者が怖い」といった印象をお持ちの方は、決して少なくありません。それは、これまでの歯科治療で経験された「怖い思い」や「痛い思い」が記憶のどこかにあるからではないでしょうか。

大阪市心斎橋・四ツ橋の「なかやま歯科」では、初診時に必ず「これまで歯医者でされて嫌だったこと」をお伺いし、その内容をもとに患者さまの想いを出来る限り尊重しながら治療を行っています。患者さまがこれまで歯医者で経験された「嫌だったこと」「怖かったこと」、そして「これからの治療で気になっていること」は、どんな些細なことでもいいのでカウンセリングの際にお伝えください。

二度と同じような体験をすることがないよう、患者さまひとりひとりに応じた快適でよりやさしい治療方針を一緒に作成します。

なかやま歯科は「痛みを抑えた治療」が基本です

当院の治療は、「(1)適切な麻酔処理」と「(2)丁寧な説明と治療」によって、治療中の痛みを出来る限り少なくするように心がけています。

(1)適切な麻酔処理
注射の痛みを和らげる「表面麻酔」からはじめます

注射の痛みを和らげる「表面麻酔」からはじめます

カウンセリングで「されて嫌だったこと」をお伺いすると、「麻酔注射時の痛み」とおっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。当院では、麻酔注射を行う前に「表面麻酔」を行います。これは、綿にしみ込ませた液体麻酔をしばらく歯茎に当てることで歯茎の表面に麻酔をかけ、注射時の痛みをほとんど感じなくするものです。

表面麻酔は歯茎の横に綿を置いておくだけの処置ですので、もちろん痛みはありません。

「電動麻酔器」で痛みの低減に努めています

「電動麻酔器」で痛みの低減に努めています

表面麻酔の効き具合を十分に確かめ、注射を行っても痛みをほぼ感じないと判断した時点で麻酔注射を行います。表面麻酔の効果によって麻酔注射の痛みを感じることはほとんどありませんが、当院ではよりやさしい麻酔のために「電動麻酔器」を採用しています。

電動麻酔器は、麻酔液を注入する時のスピードのコントロールによって従来の麻酔注射の「痛みにつながる動作」を軽減できるだけでなく、従来の注射ではできない「さらに痛みを低減できる機能」があり、より痛みの少ない麻酔を施すことが可能となります。麻酔注射が終わったことに気づかれない患者さまもいらっしゃるほどです。

※麻酔や注射に不安をお持ちの患者さまは、カウンセリングの際にお気軽にお申し付けください。時間をかけて、できる限りの配慮をいたします

時間をかけた、丁寧な説明と治療

大阪市の「なかやま歯科」では、カウンセリングでお聞きした、患者さまの嫌なことやご意向を考慮した治療を行うことはもちろんのこと、常に丁寧な診療によって患者さまに恐怖心や痛みを感じさせない治療を心がけています。

治療中、次に行う処置の内容を常にお伝えすることで、患者さまの「これから何をされるのかわからない」という不安を取り除くことができます。また、麻酔が効いているため歯や歯茎の痛みはほとんど感じることがなく、引っ張り方の不備のほうが気になるケースもあります。

口のひっぱりを含めたあらゆる痛みを感じさせないためには、時間をかけた丁寧な処置が何よりも大切です。患者さまにはお時間で協力をいただきながら、優しく丁寧な治療をすすめてまいります。

時間をかけた、丁寧な説明と治