健康的で美しいお口を実現するための審美歯科

あなたは自分の笑顔に自信がありますか?

あなたは自分の笑顔に自信がありますか?

昔から中国や日本では、美人のたとえとして「明眸皓歯(めいぼうこうし)」という言葉が使われてきました。明眸皓歯とは、美しく澄んだ瞳と、白く整った歯並びのこと。その人の印象を左右するのはファッションや髪型ではなく、美しい口元によって作り出される笑顔なのです。

気になる歯を美しく整えて心の「かげり」を取り除き、精神的な健康を作ることも審美歯科の大切な目的です。とりわけ前歯は「美しさと機能性」という2つの要素を満たすことが要求されます。あなたの笑顔をもっと輝かせるために、大阪市心斎橋・四ツ橋の歯医者「なかやま歯科」で担当医と一緒に考えていきましょう。

審美治療=「見た目だけの治療」ではありません

審美治療では単に見た目を美しくするだけではなく、生物学的・構造力学的に安定している状態に導くことが大切です。例えば、虫歯が深すぎたりそれまでの被せ物が深く被りすぎていたりといった理由で歯肉に炎症が起きている場合には、土台となる歯の治療はもちろんのこと、歯科衛生士による炎症の除去や、歯を引っ張りあげての挺出(ていしゅつ)矯正、歯茎のライン修正など、歯と歯肉を良い状態にコントロールすることが第一となります。

このように、歯と歯茎をよりよい状態にコントロールするとともに、歯にかかる負荷を考慮したり根の精密な治療を事前にしっかりと行ったりすることで、生物学的に安定し、構造力学的にも外れにくく破損しにくい審美治療が初めて実現するのです。そのうえでマイクロスコープの活用、歯肉に特殊な糸を巻いての正確な型取り、伸縮・膨張の少ない素材の使用、熟練の技工士による色調調整撮影、マイクロスコープを用いた被せ物作製などを行い、より適合のよい、美しく精緻な審美治療に役立てています。

治療例

※当ホームページ症例はすべて当院で行った症例です。無断転載をお断りしています。

症例1 【治療期間12ヶ月】
お口全体をトータルでキレイにした患者さま

術前

術前

審美回復と虫歯治療を
希望でご来院。

術後

術後

ジルコニアセラミックスを装着

術後

暗い支台歯の色を遮断する場合
に有効な素材です。

術前

術前

右側

術後

術後

右側

術前

術前

左側

術前

上顎

術前

下顎

術前

このような全体的なケースは
特に術前の治療計画が重要です。

術後

術後

左側

治療手順

治療手順

診断用ワックスアップモデルに
て綿密に治療計画を立てます。

治療手順

左側

治療手順

見た目だけではなく、噛み合わせにつ
いても十分にシミュレーションしま
す。大切なステップです。わせにつ

治療手順

歯肉溝まで精度良く
シリコンで型取り
できているのがわかります。

治療手順

できあがったジルコニアフレーム

治療手順

右側

治療手順

このように、治療に入る前に
治療のゴールを
明確に設定します。

治療手順

歯肉の炎症を治して精密に型取りし
ます。真ん中のメタルの土台は外すリ
スクがあったため外せませんでした。

治療手順

疑似模型を作製し、色合いを
丹念に表現いたします。

治療手順

精密模型上にて
セラミックを築盛。

治療手順

完成したジルコニア
セラミックス冠です。

症例7 【治療期間1ヶ月】
オールセラミッククラウンの治療例

術前

術前

前歯4本に美しくない
セラミックスが入っています。

術後

術後

オールセラミックスにより改善。

症例8 【治療期間1ヶ月】
オールセラミックインレー(白い詰め物)の治療例

ハイブリッドセラミックインレー
歯の治療に金属を用いないので、金属アレルギーの心配がなくしみにくく自然です。

術前

術前

金属でできた銀色の
詰め物を除去します。

術後

術後

セラミックスでできた
白い詰め物に交換しています。

症例9 【治療期間1ヶ月】
ラミネート・ベニア・セラミックスの治療例

術前

術前

この方も20代女性で、
前歯の間がすいています。

術後

術後

セラミックスを貼り付けただけです。
(通院回数2回)

症例10 【治療期間6ヶ月※歯周病があったため】
メタルボンドセラミックスの治療例

術前

術前

20代女性です。
見た目不良な冠が入っていました。

術後

術後

ご自身の歯をホワイトニングし、
セラミックスを装着しました。
歯周病もあったため、連結固定しています。

症例紹介一覧