ハイブリッドセラミック|大阪(堀江・四ツ橋)のなかやま歯科

TEL.06-6534-8214

10:00~13:30/15:00~19:30
(土曜午後 14:30~16:30)

ハイブリッドセラミック

  • TOP
  • ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

「ハイブリッドセラミック」と呼ばれる名前から、多くの方がセラミック素材だと思われるかもしれませんが、実はこの素材、レジンという樹脂とセラミックを混ぜた素材から出来ています。それゆえ厳密には、ハイブリッドレジンという範疇に入ります。

ハイブリッドセラミックの特徴

  • 見た目が白い
  • 金属を使用していない
  • オールセラミック治療に比べて安価

ハイブリッドセラミックは、保険適用のレジン(樹脂)に比べてガラス成分を強化し、セラミックのような見た目に近づけているのが特徴です。見た目が白いことに加え、金属を使用していないことで、金属アレルギーや歯茎が変色してしまう心配がありません。また、オールセラミック治療よりも安価に治療を行うことができます。

ハイブリッドセラミックの欠点

  • 樹脂素材のため変色
    しやすい(黄ばむ)
  • 耐久性が低い
  • 磨耗(すり減る)しやすい
ハイブリッドセラミックの欠点

セラミックという言葉から、一般のセラミック素材の特性を持つと思われがちですが、レジンに近い性質を持っています。樹脂であるレジンは、経年とともに黄ばんでしまうことを避けられません。また、咬み合わせや歯ぎしり、食いしばりによって磨耗(すり減る)したり、欠けたり割れたりすることもあり耐久性が低いことが欠点です。

ハイブリッドセラミック治療における当院の考え

ハイブリッドセラミック治療は、確かにオールセラミックよりも若干費用面で優位性があります。しかし、低い耐久性・変色・磨耗により、将来治療をやり直す必要があることなどを総合的に考えると、費用面での優位性にも疑問が残ります。また、磨耗しやすい素材=やわらかさがある素材として、噛む力が強い方への選択肢として良いと思われるかもしれませんが、当院では、歯科材料の中で唯一変形してくれるゴールドを用いた治療をお勧めするケースが殆どです。以前は当院もハイブリッドセラミックを取り扱っていましたが、このような理由から現在では殆ど用いることはありません。もちろん、ハイブリッドセラミックを用いた治療も可能ですので、ご希望の方は歯科医師までお問い合わせください。