• ホーム
  • FIDIって何だろう?(院長)

FIDIって何だろう?(院長)

歯科医師や歯科衛生士の紹介をご覧になった際、所属する学会やスタディー・グループの名前が併記されているのを目にされた方もいるかと思います。でも、歯科関係でない限り、そこに並んでいる学会やスタディー・グループがどんな内容なのか、伺い知ることは難しいのではないでしょうか。

例えばこの記事のタイトルに掲げたFIDI。院長中山、歯科衛生士原野が講師として所属するグループですが、その考え方や取り組みは、ぜひ多くの方に知っていただきたいと願うばかり。今回はこのグループを、ごく簡単にご紹介します。

FIDIは、患者さまのサクセスフルエイジング・健康長寿という目的に向かうため、インプラント治療によって噛むことができない状態を回復することはもちろん、患者さま目線に立ち、歯科医師・歯科衛生士・技工士が連携しながら、患者さまの「全身の健康維持」までお手伝いすることを目標に活動するグループです。

このような想いのもと、全身の健康維持にあたり「噛めること」がいかに重要かを、歯科医療関係者だけでなく広く社会にお伝えしたり、患者さま目線の治療のあり方を広めたり、そして歯科医師の先生方に、患者さまの負担が少ないインプラント治療の技術を習得いただく実習などを行なっています。参考までに、この記事は2018年の2月に書いているのですが、すでに今年の医師向けセミナーはすべて満員の状態です。

私たちはこのような活動に積極的に参加することで、超高齢社会を迎えた日本における歯科医院のあり方、そしてよりよい治療を広く普及させることも大切にしています。