マイクロスコープ・歯科用CTを用いた精密根管治療

神経をとった歯を生涯にわたって長持ちさせるために

神経をとった歯を生涯にわたって長持ちさせるために

歯の根の治療(根管治療・歯内療法)は、虫歯などで神経を除去した歯を生涯にわたって長持ちさせるための大切な治療です。

残念なことですが、現在に至る日本の歯内療法は成功率が高いとは言えませんでした。そのため私たち歯科医師は、他院で根管治療を受けられた患者さまの歯の再治療を繰り返しているのが現状です。思い返してみると、「再治療や抜歯になった歯は、神経をとっている歯だったかも……」と思い当たりませんか?

他方、欧米の歯内療法ではマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)が幅広く活用されており、それが治療効率や成功率の上昇につながっています。大阪市心斎橋・四ツ橋の歯医者「なかやま歯科」では、これらの技術や設備をいち早く導入し、今まで「手探りで行ってきた歯内療法」を明視野で拡大して見ることによる「より確実な歯内療法」を実現しています。

マイクロスコープ・歯科用CTの特徴

マイクロスコープ・歯科用CTの特徴 マイクロスコープ・歯科用CTの特徴 マイクロスコープ・歯科用CTの特徴

神経を除去した歯を長持ちさせるためには、肉眼では確認不可能な箇所や、きわめて小さな患部まで丁寧に治療することが大切です。当院では、マイクロスコープや歯科用CTを用いて、より確実な根管治療・歯内療法を行っています。

マイクロスコープ

マイクロスコープ

歯を拡大して見ることの出来る実体顕微鏡です。使用することによって、肉眼では見ることの出来ない歯の細かい凹凸や隠れた根管、補綴物のフィットの状態など様々なことが分かるため、診断能力が大幅に向上し、より精密な治療を行うことが可能です。

当院の精密根管治療では、マイクロスコープを用いて歯を拡大し、歯の汚れや虫歯の取り残しがないかを正確にチェックしています。

  • マイクロスコープ肉眼で見た千円札を拡大してみます。
  • マイクロスコープ千円札を拡大した様子です。さらに拡大してみます。
  • マイクロスコープ桜の花の部分に「二」「ホ」「ン」と書いてあります。
    ※クリックで拡大表示

当院の精密根管治療では、マイクロスコープを用いて歯を拡大し、汚れや虫歯の取り残しがないかを正確にチェックしています。

  • マイクロスコープ歯を拡大しながら治療します。
  • マイクロスコープさらに拡大し、細部まで確認します。

歯科用CT

当院ではCTを用いた高度な画像診断システムを採用しています(一部保険適用)。CTを用いることで任意の方向の3D断面画像を構築できるため、根管治療におけるより精度の高い診断が可能となります。

歯科用CT

※精密根管治療は、歯の位置により根の数や形態が異なるため料金に差がでます。詳しくはスタッフまでおたずねください

治療例

症例
症例前歯部:40,000円 症例小臼歯部:50,000円 症例大臼歯部:60,000円