院長中山、歯科衛生士原野が歯科医師・歯科衛生士向けの講演を行います

2016年10月2日、院長中山、歯科衛生士原野が、「これからのインプラントを再考する」をテーマに、歯科医師・歯科衛生士の方々に向けた講演を行います。

今日のインプラント治療においては、安心・安全のみならず、患者さまの負担を出来る限り減らし、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)やQOD(クオリティ・オブ・デス)まで充分に考えた治療を提供することが求められます。

この考えのもとで当院が行う抜歯即時埋入・ショートインプラント・コンピューターガイデッドサージェリーなどの治療を、実際の症例を用いながら院長中山が解説・ご紹介させていただきます。

また、インプラント治療により噛めるようになった後の健康を促進するため、当院歯科衛生士が提供する高精度体成分分析装置を活用した運動指導・食事指導などを、当院原野がご紹介させていただきます。

詳しくはこちらをご覧ください。

これからのインプラント治療を再考する