スペイン・バルセロナで開催されたSJCDサマーセミナー2015に参加しました

2015年9月21日、スペイン・バルセロナのカタルーニャ国際大学歯学部 大学講堂にて、SJCDサマーセミナー2015に、当院院長中山が参加しました。

SJCDサマーセミナー2015

このセミナーには100名を超える日本のSJCD会員の先生方が参加され、講師として登壇されたDr.J Tapia(保存)、Dr.J Navarro(インプラント)、Dr.Oscar Gonzalez(補綴)、DT.A.Brugueraの各先生より、ヨーロッパの歯科医療についてのお話を伺いました。

海外の歯科医療を学ぶことができるSJCDサマーセミナーは隔年で開催されています。前回2013年にドイツのミュンヘンにて開催されたセミナーにも参加しましたが、スペインの歯科医療、ドイツの歯科医療、そして私たちが毎日携わる日本の歯科治療を比較すると、やはりその国ごとに治療のカラーがあることに気づかされます。

当院にご来院くださる患者さまに、よりよい治療を提供できるよう、このような学びの機会を今後も大切にしていきたいと考えています。

カタルーニャ大学