FIDIハンズオンセミナーにて、当院院長中山が インプラント治療の講義・実習指導を行います

日本全国から集まる歯科医師を対象に、患者さまの立場に立った低侵襲(痛ませない、腫れさせない、時間をかけない)なインプラント治療の講義・実習を行う 「FIDI 第9期ハンズオンセミナー」。同年7月まで行われる当セミナーの第1回が、2016年3月5日~6日に東京都千代田区の株式会社白鵬 研修室にて開催されました。

201603052

インプラント治療に取り組んでおられる歯科医師の先生方を対象に催されるこの研修会に、当院院長中山は講師の一員として所属しています。

今年度第一回目の今回は、インプラント治療のテクニックのみならず、我々FIDIが追求するするコンセプト、患者さま目線の治療の重要性、その成果・効果についてのレクチャーが行われました。

今後、当院中山は無歯顎(1本も歯がない状態)の患者さまに対する比較的大きなインプラント治療のほか、ショートインプラントによる低侵襲な治療を中心に、基本的な考え方や治療のステップ、歯科衛生士や技工士との連携についての考え方、治療技術を体得していただくための実技指導などを行ってまいります。

低侵襲なインプラント治療と歯科衛生士による健康への誘(いざな)いを普及できることはもちろん、自分自身の勉強にもなる環境に身を置けることに感謝と歓びを感じるばかりです。

そして何より、講師の先生方とのディスカッションで得た最新情報をもとに、当院に来院される患者さまにより優位性のある治療を提供できるよう努める所存です。