お口の健康と全身の健康をサポートする、私たち歯科衛生士の想い

奥深く、そして幅広く。それがなかやま歯科のメンテナンス

歯周ポケット検査、歯石除去、歯面清掃(PMTC)、フロス清掃、歯ブラシ指導(TBI)…。定期的なメンテナンスで中心となるこれらの処置をさらに奥深いものとすること、そして患者さまの健康維持・促進に向け、従来の枠を超える処置・サポートをご提供すること、そんな挑戦を続けることが、私たちなかやま歯科の歯科衛生士が大切にする取り組みです。

しかしこれらの取り組みは、限られたメンテナンス時間の中ではなかなか患者さまにお伝えすることが難しいことも事実です。

そこで当HPにて、私たちの取り組みの一部をご紹介します。

①様々な角度から、むし歯の兆しを丁寧に探す

①様々な角度から、むし歯の兆しを丁寧に探す

時間をかけ、じっくりとお口全体を見渡せることはもちろん、複数のレントゲン写真からむし歯が疑われる箇所を詳細にチェックしたり、細かな段差や穴、もろくなっている箇所を触って確かめるなど、細部にわたりむし歯の兆候をチェックします。また必要に応じ、音と数値でむし歯を判別するレーザー装置を活用し、人間の五感では判断しにくい微細な症状まで把握することで、歯科医師が診断に用いる客観的情報を増やすとともに、経過観察とする場合には、定期検診ごとに数値で変化を把握できる仕組みを整えています。

②原因を突き止め、患者さまと二人三脚で改善する

②原因を突き止め、患者さまと二人三脚で改善する

例えばむし歯ひとつをとっても、その原因は歯磨きの仕方、歯並び、食習慣、もともとの歯の強さなど、様々な要素が考えられます。この原因を的確に把握すること、それには私たちがこれまで取り組んできた研究や学びが役立ちます。 突き止めた原因を患者さまと共有し、どうすればよいかを提案する。提案するだけでなく、患者さまのライフスタイルや環境もしっかりと加味し、改善を最後までしっかりとサポートする。あくまで患者さまの立場に立って、患者さまありきのサポートを行うことこそ、私たち歯科衛生士が大切にすることです。

③マイクロスコープを活用した、より精密なメンテナンス

③マイクロスコープを活用した、より精密なメンテナンス

国内での導入事例がほとんどない、マイクロスコープを活用したメンテナンス。拡大鏡をはるかに超える倍率で患部を確認しながら処置できるため、無駄な刺激や傷をあたえることなく精細なメンテナンスを行え、見落としや痛みを従来以上に低減することが可能です。また、拡大した患部の映像を患者さまと一緒に確認できるばかりか、虫歯の予兆と思われる部分を歯科医師と映像で共有することで、むし歯への逸早い対処も可能となります。

2018年に開催された第36回日本学咬合学会学術大会にて、マイクロスコープを活用したメンテナンスの発表を行った当院歯科衛生士井村がヨシダ賞を受賞しました。詳しくはこちらをご覧ください。

※マイクロスコープメンテナンスは自由診療です。
※担当する衛生士が変更になる場合があります。

④お口の健康を超え、全身の健康をサポートする

④お口の健康を超え、全身の健康をサポートする

これまで噛めなかった患者さまが噛めるようになった後は、お口の健康だけでなく、食事や運動を含めた全身の健康管理の重要性に気づいていただくことが大切です。定期的なメンテナンスでのご来院の機会を活かし、お口の健康はもちろん、歯科医院から全身の健康サポートを提供したい。何年も前から普及に努めてきたこの取り組みにより、最近では当院の体成分分析装置でご自身の体を計測される患者さまも一段と増え、院内のあちらこちらで健康を考える会話を耳にするようになっています。

2015年に開催された第33回日本学咬合学会学術大会にて、歯科衛生士によるお口と全身の健康サポートの発表を行った当院歯科衛生士原野が優秀発表賞(ポスター)を受賞しました。詳しくはこちらをご覧ください。

■管理栄養士も連携し、食事メニューや運動プログラムを考案

管理栄養士も連携し、食事メニューや運動プログラムを考案

より専門的な見地から患者さまをサポートするため、必要に応じ、当院常勤の管理栄養士が患者さまの食生活改善・運動改善をサポートしています。毎日の食事や体成分分析装置の測定結果から現状を把握し、よりよい状態に導くための具体的なメニュー、運動プログラムをご提案し、定期検診ごとにその変化を追い続けます。ご興味をお持ちの方はお気軽にお尋ねください。

歯科医師とは異なるプロフェッショナル、それが歯科衛生士

歯科医師とは異なるプロフェッショナル、それが歯科衛生士

患者さまの視点に立つと、歯やお口のことを最もよく知っているのは歯科医師と思われるかもしれませんが、実は歯科医師と歯科衛生士は専門分野が異なり、私たち歯科衛生士のほうがよく知っている分野もたくさんあります。

歯科医師は、悪くなったところを治し、噛めるようにするプロです。これに対し歯科衛生士は、噛める状態を維持し、より健康なお口に導くプロです。言い換えれば、歯科医師は患者さまのお口のマイナスをゼロにするプロであり、歯科衛生士はゼロからプラスに導くプロとして、その役割が異なるのです。

歯科医師とは異なるプロフェッショナル、それが歯科衛生士

そして私たちなかやま歯科の歯科衛生士は、ひとりひとりが毎年テーマを設定し、仲間と協力しながら研究と学びを深め、国内最大級の臨床系学会や各種勉強会でその成果を発表するなど、歯科衛生士としての知識と技術を絶えず積み重ね、プロとして、誇りを持って患者さまのサポートをできるように努めています。

歯科医師とは異なるプロフェッショナル、それが歯科衛生士

患者さまのお口を一番知っている存在、それは私たち「歯科衛生士」です

最近ではテレビや雑誌などで、お口のセルフケア特集を目にすることも多くなりました。しかし、紹介された内容をそのまま実践することが必ずしも最適とは限りません。

なぜなら、患者さまのお口の状態がひとりひとり異なるからです。例えば、磨き残しが多い場所は歯並びなどによって大きく異なります。また、虫歯になりやすい方なのか、歯周病になりやすい方なのか、それとも力(ちから:歯ぎしりや食いしばり)が強い方なのかによっても、お口をケアする方法は異なります。

私たちは、患者さまとのコミュニケーションや診察を通じ、患者さまのお口のことを誰よりもよく知ることができます。そんな立場から、学会や勉強会での発表、そして日々の臨床によって蓄積した知識と技術を惜しみなく活かし、患者さまのお口と全身の健康サポートに日々取り組んでいます。

患者さまのお口を一番知っている存在、それは私たち「歯科衛生士」です

「お口の健康維持」は「ハチの巣の駆除」と似ています

「お口の健康維持」は「ハチの巣の駆除」と似ています

歯を治療する際、歯科医師はこんなことを思うことがよくあります。

「お口の中を見ると、日々のセルフケアでは取り切れない歯垢や歯石がいっぱい。ここに棲みついているバイ菌をそのままにしておけば、むし歯や歯周病を繰り返してしまう。治療の繰り返しにならないように、まずは歯科衛生士のクリーニングでお口の中の健康状態を整えてほしい。」

これを例えるならば、おうちの軒下に出来てしまったハチの「巣」を取り除くことなく、一匹ずつ駆除し続けているようなものです。これでは、いつまで経ってもイタチゴッコは終わりません。お口もこれと同じです。むし歯や歯周病を引き起こすバイ菌たちの「巣」を取り除かなければ、何度もむし歯や歯周病への対処を続けなければなりません。

これが、治療を終えた患者さまに、予防・クリーニングの受診をお願いする理由です。

3か月~6か月に1度の予防とクリーニング、これにはちゃんと理由があります。

実はヒトのお口の中のバイ菌は、どれだけ歯科衛生士がゼロに近づけても、滅菌しない限り、完全にゼロにすることはできません(現在の技術では、お口を滅菌することはできません)。そして一般的には、3か月程度経つと、お口の中のバイ菌の数は、もとの状態に戻ってしまいます。これが冒頭で例えた、ハチの巣ができてしまった状態です。この状態になると、むし歯や歯周病のリスクはぐっと高くなるため、基本的には3か月の1度の検診をお願いしています。

3か月~6か月に1度の検診、これにはちゃんと理由があります。

中には、半年に一度のご来院をお願いする患者さまもいらっしゃいます。これは、歯ブラシが上手であったり、フロスでしっかりと歯間ケアをされているなど、バイ菌が増えるペースが緩やかな患者さまへのご案内です。反対に、歯周病のリスクが高かったり、歯ブラシが苦手であるなど、バイ菌が増殖するペースが早い患者さまは、もっと短期間でのご来院をお願いし、一緒にケアを続けながら、徐々に3か月に1度に近づけていくケースもあります。

あまり知られていませんが、歯周病もむし歯も感染症です。箸でもスプーンでもキスでも、大人も子供も感染します。悪くなったところを治したとしても、適切なメンテナンスを行わなければ、再び感染してしまいます。見方を変えれば、経口感染・唾液感染により、他の人にも感染を広げてしまいます。

一度治したからと言って終わらない。それがお口の真実です。

定期的なメンテナンスでお口の健康を維持し、そして全身の健康にも目を向ける。そんなお手伝いをすることが、なかやま歯科の予防・クリーニングです。気になることがあれば、何でもお気軽にご相談ください。

3か月~6か月に1度の検診、これにはちゃんと理由があります。