インプラントを考える前に

インプラントは「目的」ではなく、健全な咀嚼を維持する「手段」

なかやま歯科がなにより大切と考えること、それは患者さまの生涯を通じた健全な咀嚼を維持し、それを健康長寿に繋げることです。これをもう少し噛み砕いて言えば、みなさまがこれからも、そしていつまでも、ガチっと噛める状態で過ごしていただくことこそ大切だと考えています。

それゆえ、当院の治療はすべて「ガチッと噛めることを生涯にわたって保つ」ことを目的とし、その手段となる治療方法を患者さまと一緒に考えながら進めていきます。これが、インプラントは「目的」ではなく「手段」とお伝えする理由です。

患者さまとともに考える治療方針

implant02_img_01

近年のヨーロッパを主体とした世界的な潮流は、「なるべく自分の歯を残す方向」になってきています。患者さまとお話をしても、「出来れば自分の歯を残したい」とご希望される方はたくさんいらっしゃいます。

しかし一方で、生涯を通じ健全な咀嚼を維持するという目的、また一口腔(歯や歯茎などを含めたお口全体)に対する患者さまの負担という観点で考えると、この潮流は患者さまにとって必ずしも良い面ばかりではありません。
実際には、限度を超えて悪くなった歯根を、根の治療(精密根管治療)や歯周病治療などによってなんとか残すよりも、インプラント治療を行うほうが患者さまのためになり、喜んでくださると思えるケースがいくつもあるのです。

事実、コンサルティングの時に、生涯を通して必要となる治療費用や時間を患者さまと一緒に考えると、インプラント治療を⾏う⽅が患者さまのメリットが大きく、賛同してくださるケースが数多くあります。

ただ、エイジング(現在の年齢と余命)を考えると、例えば40歳前後の患者さまには、インプラントはまだ早いと思えるケースも多々あります(もちろん、既にご自身の歯が全くない場合や、部分的な欠損を治療する場合にはこの限りではありません)。患者さまのご意向として、何度も治療に通うことが嫌であったり、ご意向の覚悟の上でインプラントを望まれるのであれば、私たちはご要望に応えてインプラント治療を行います。しかし、他の手段を選ぶことが出来る状態であれば、患者さまとともにあらゆる方法を検討することが大切だと考えています。

また、インプラントは持ちが良いとはいえ、現在40歳の患者さまに対し、インプラントが100歳までの60年間もつとは約束できません。なぜなら、インプラントが誕生してからまだ約40年しか経っておらず、事実として、60年間経過したケースが世界中に一人もないためです。

このような考え方や事実から、当院では患者さまに「歯を残す治療」と「インプラント治療」の双方を選んでいただける体制を整えています。
骨が下がらないための処置を行いながら、自分の歯で噛める状態をなんとか50歳まで引っ張り、その後でインプラントにするか、それとも今の段階からインプラントや入れ歯にするのか、まずは歯科医師としての見地から可能な限りをお伝えし、また患者さまの疑問をひとつひとつ解決し、ご理解・ご納得いただきながら、患者さまとともに治療方針を検討していきます。