なかやま歯科のインプラント

なかやま歯科のインプラント

日本でも広く採用されるようになったインプラント治療。しかし、モンゴロイドを人種の起源とする日本人は、あごの骨が欧米人よりも薄いため、欧米のインプラント技術をそのまま用いて施術することは後々のトラブルに繋がる危険をはらんでいます。

大阪市心斎橋・四ツ橋の歯医者「なかやま歯科」では、歯科用CTやマイクロスコープ、コンピュータガイデッドサージェリーなどを活用し、欧米人とは異なる、さらにはひとりひとり異なる歯の形状や厚みを正確に把握し、患者さまに適したインプラント治療を行っています。

また当院の治療はすべて院長をはじめとする常勤の歯科医師が行い、責任の所在を明確にしています。外来アルバイト医師によるオペは一切ありませんのでご安心ください。

当院のインプラントに対する考え方と取組み

ここでは、診療室の限られた時間ではお伝えしきれないことをまとめています。
インプラントをご検討の方はぜひご一読ください。

1.インプラントを考える前に

当院では、患者さまのお口のコンディション、エイジング(年齢)、この先必要となる治療の総時間、総費用などをもとに、生涯を通じた健全な咀嚼を維持するための最適な手段を考えます。

お伝えしたいこと

1.インプラントを考える前に

  • インプラントは「目的」ではなく、健全な咀嚼を維持する「手段」
  • 「歯を残す治療」と「インプラント治療」の双方に対応する
  • 患者さまとともに考える治療方針

詳しく見る

2.歯の欠損とインプラント

たった1本の歯の欠損。実はこれが、将来大きな問題を引き起こすリスクを含んでいます。何より大切なことは、早い段階で対処すること。インプラントは、この問題を解決する、ひとつの手段にもなるのです。

お伝えしたいこと

2.歯の欠損とインプラント

  • 極力、歯は削らない方がいい
  • 「予防的歯科治療」としてのインプラント

詳しく見る

3.「噛めること」にこだわる

当院が何よりも大切にすること、それは、患者さまの「ガチッ」と噛める状態を維持・回復することです。これに要する治療期間や咀嚼維持の実際について、臨床実感とともにご紹介します。

お伝えしたいこと

3.「噛めること」にこだわる

  • 歯が存在するのに咀嚼できない状態はつくりたくない
  • インプラント治療の臨床実感

詳しく見る

4.老後を見据えたインプラント

生涯を通じた健全な咀嚼を考える時には、現在だけを見て考えてはいけません。 高齢になったとき、あるいは寝たきりや要介護状態になった場合も見据えた治療を考えることが大切です。

お伝えしたいこと

4.老後を見据えたインプラント

  • 「Quality of death:クオリティ・オブ・デス」を考える
  • 要介護の現場とインプラント

詳しく見る

5.なかやま歯科のインプラント

良質かつ低侵襲(患者さまの身体的負担を出来る限り減らす)なインプラント治療をご提供するため、当院が取組む研究や検討、治療に対する考え方をご紹介します。

お伝えしたいこと

5.なかやま歯科のインプラント

  • 日本人の特性に応じたインプラント治療
  • 院長中山の学会発表、講演・講師活動
  • セカンドオピニオンの推奨

詳しく見る

6.インプラント後に大切なこと

インプラント治療後はメンテナンスを欠かすことができません。また、しっかり噛めるようになった後は、それまで以上に食べてしまう傾向が多く見られるため、健康管理も欠かせません。

お伝えしたいこと

6.インプラント後に大切なこと

  • インプラント治療後は、歯科衛生士と連係した十分なケアが大事

詳しく見る

インプラントを考える 記事一覧

患者さまのサクセスフルエイジング

Vol.2 インプラント治療とサクセスフルエイジング

インプラント治療の具体的なお話に入る前に、もうひとつ、私たちの治療に対する考え方をご紹介したいと思います。 インプラント治療の講演やレクチャーを行う際、最初に必ずお伝えすることがあります。それは...

高齢化の国際的動向

Vol.1 超高齢社会と歯科治療

当院では、学会や歯科医師向け講習などでお話させていただく内容を、ぜひインプラント治療をご検討の患者さまにも知っていただきたいと想い続けていました。それは、私たちのインプラントに対する考え方、普段の...

インプラント治療後に大切なことのアイキャッチ画像

インプラント治療後に大切なこと

インプラント治療後は、歯科衛生士と連携した十分なケアが大事 インプラント治療を行うということは、例えるならば、自分の体に、骨まで貫通するトゲを刺すような治療です。 仮に、腕にトゲが刺さっている...

良質なインプラントの追求のアイキャッチ画像

良質なインプラントの追求

日本人の特性に応じたインプラント治療 スウェーデンで誕生したインプラント技術は、これまでおよそ40年間の間に世界中で様々な進歩を遂げてきました。しかし、海外で進歩を遂げた技術や最新の機器をそのまま用...

老後を見据えたインプラントのアイキャッチ画像

老後を見据えたインプラント

「Quality of death : クオリティ・オブ・デス」を考える 「Quality of life(QOL) : クオリティ・オブ・ライフ」を考えることは既に一般的になっていますが、私たちが歯の治療方針を検討する際には、これに加...